定番のおやつを食事にチェンジ

定番のおやつを食事にチェンジ!

現在、広く親しまれているスイーツの中には、おやつとしてだけでなく食事として楽しまれているものも多々あります。日本では、お餅をおやつとして食べることもありますが、お雑煮など食事として食べられることも珍しくありません。きな粉餅や磯部巻き、おしるこなど、普段からお餅をよく食べている人も多いのではないでしょうか。他にもいろいろなおやつが、世界では普通に食事として食べられています。マフィンやスコーン、パンケーキなどは、その代表と言ってもいいでしょう。

しかし、「お餅は食事にならない、パンケーキはおやつだ」という感覚から抜け出せず、食事として食べるのは奇妙な感じがするという人もそれなりにいるかもしれませんね。食の楽しみを増やす、食事のバリエーションを増やすためにも、ぜひ一度、いつもの味にひと工夫加えて、楽しんでみてはいかがでしょうか?

とは言え、ずっとおやつだと認識しているものに、なにを加えればいいのかわからないという意見もあるでしょう。では、まずはおやつのイメージにつきものの「甘いもの」を外し、「おかずになるもの」を添えてみましょう。例えば、今話題のパンケーキ専門店では、ホイップクリームやカットフルーツ、アイスクリームやチョコレートなどがトッピングされた甘いパンケーキが人気ですが、こんがり焼き色のついたベーコンやジューシーなソーセージ、しっとりふわふわのオムレツなどが添えられたミール系メニューも提供されています。自分で作って食べるのなら、もう少しボリュームが欲しいところ…そんな食いしん坊な人は、ハンバーグやステーキを添えるのもおすすめです。反対に、ヘルシーでバランスの良い食事にしたいなら、サラダやマリネなどと一緒に食べるのもいいでしょう。

トーストやクロワッサンを主食とするのと同様に、パンケーキを食事のメインとして食べてもなんの問題もないのです。むしろ、「甘いものも食べたいけれど、ボリュームのある食事をしっかりとりたい」という欲張りな人にはうってつけのメニューだと言ってもいいのではないでしょうか。しかし、パンケーキとミール両方を調理するのは面倒という人もいるでしょう。そんな時は、冷凍食品やレトルトを活用すればOKです。冷凍のパンケーキも売っていますし、ハンバーグやフライなどの惣菜もレトルト製品が充実しています。それらを買っておけば、疲れて帰ってきた時も、甘くて香ばしいパンケーキとメインディッシュを簡単に用意することができるでしょう。